マイホームを手に入れても、最後まで住宅ローンを支払えるか不安になることがあるでしょう。転職や病気などで収入が減ってしまうと、それまで順調にいっていた住宅ローンの返済が滞ってしまいますね。やむを得ず住宅を売却することを検討するかもしれません。住宅の売却は不動産業者を通して行います。住宅を購入するときに利用した不動産業者に依頼してもいいですし、別の業者を選んでもいいでしょう。実際に売却する際は、いくつかの費用が発生するので注意しなければなりません。できれば諸費用も込みで価格を設定するようにしましょう。残りの住宅ローンとギリギリの価格で売ってしまうと、諸費用は別途負担することになってしまいます。契約が成立したら引き渡しまでに引越しして明け渡さなければなりません。引越しにかかる費用も考慮しましょう。業者に支払う料金と新しい住宅を借りる費用が必要です。

不動産売却にかかる印紙税について

土地や建物といった不動産物件を売りたいときは、不動産会社を通して買い手を探すことになります。不動産会社が買い取る場合もありますが、あくまでも仲介業者として買い手を付けるというケースが多いでしょう。土地や建物を売却するときは印紙税や仲介手数料が発生します。印紙税とは売買契約書に貼付する収入印紙を買うためのお金です。ちなみに収入印紙は郵便局やコンビニなどで買えますが、金額が大きくなるため確実に買えるのは郵便局でしょう。印紙税の金額は売却する物件の価格によって変わります。土地付き一戸建ての場合は1000万円から5000万円の範囲が多いでしょう。この場合は15000円分の印紙税が必要になります。土地だけの場合は1000万円以下になることもあります。500万円から1000万円の間なら10000円の印紙税となります。

不動産を売却するときに必要な書類とは?

住宅などの不動産物件を売却する際には、いくつかの書類を揃えておけなければなりません。どのような書類が必要か事前に確認しておきましょう。土地付き一戸建て住宅や分譲マンションの場合は、登記簿謄本が土地と建物に分かれていますね。両方の登記簿謄本が必要です。また、住宅を購入したときの不動産売買契約書や重要事項説明書、図面、測量図なども用意しておきましょう。このような書類は全て大切な物ですから、一括で保管している方が多いと思います。どこかに預けている場合は取り寄せておきましょう。買い手がついたら他にも必要な書類があります。固定資産税評価証明書、固定資産税納付書、登記済権利証、境界確定測量図などです。どこかに保管しているはずですが、あまり触ることがないため事前に確認して一つずつ揃えていくといいですね。分からなくても業者の方から案内があるので心配いりません。

不動産の売却や購入を考えている方におすすめで、査定額がネット上でわかるので簡単で便利で利用しやすいです。 当社では、多くの専門家とタイアップしてサポートを行っておりますので、早期の不動産売却をお考えの方は、ぜひお問い合わせください。 不動産の売却価格を早期に提示する事により、お客様の不動産を早く売却する、お手伝いをさせて頂ける事が他社との違いです。 ネットですぐに不動産の売却査定額がわかる!